◆トップ  ◆家具◆下駄 ◆楽器◆彫刻 ◆茶の湯◆工芸品◆生活文化 ◆日用品 ◆収納箱 ◆道具 ◆その他




◆市松人形


江戸時代中期に爆発的な人気をあつめた大阪の歌舞伎役者、佐野川市松の若集姿を 表現したのが始まりで、人形の名前もそこからきている。
つぶらな瞳にふっくらとした頬、生き生きとして愛くるしい表情が特徴。

桐や姫小松の木で原型を彫り、これをもとに桐塑で、頭、胴、手、足と、それぞれの生地を作り、 それをひとつの人形にまとめてゆく。


桐 市松人形(桐の博物館展示品)