会津 桐の博物館 オンラインショップ


◆トップ  ◆家具 ◆下駄 ◆楽器 ◆彫刻 ◆茶の湯 ◆工芸品 ◆生活文化 ◆日用品 ◆収納箱 ◆道具 ◆その他

◆桐の明かり


日本古来の匠の技、組子(くみこ)の技法をオブジェライトに生かしています。
組子は,直線のバリエーションの組合せですが、幾何学的な形から発せられ る光は幾重にもなり、やわらかい曲線を描いて、物言えぬ幼想的な モアレをつくり出します。 
木の"ぬくもり"と白熱灯の"あたたかさ"
桐の自然 木を素材としていることで電球の熱によって発散される,木の香が体に やさしい生活空間を演出してくれます。
−参考資料 木のあかりは、心をつつむ「気」のあかり−



桐の明かり(桐の博物館展示品)