◆トップ  ◆家具◆下駄 ◆楽器◆彫刻 ◆茶の湯◆工芸品◆生活文化 ◆日用品 ◆収納箱 ◆道具 ◆その他





◆桐下駄の歴史


@ 何時頃から下駄と呼ばれるようになったか

「古事類苑」の特に下駄に関わると思える項目をひもとくと、下駄が目につく「倭名類聚鈔」、「伊呂波字類抄」、「下學集」はそれぞれ「屐」を引用し、足下、足駄と同じとしている。
他には「穂積物語」、「枕草子」「宇治拾遺物語」「源平盛衰記」「平治物語」「太平記」「東海道名所記」「閑田耕筆」はみな足駄か屐を引用するが「東海道名所記」では、 「…或は雨夜に燭を執らず、木履を穿て行となん」としているが、他は「塗足駄」とか「平アシダ」、「高アシダ」などと紹介されている。
「享保集成絲論録」の元禄12年9月の頃には「右の輩下馬より、げた、あしだはき候儀…」     とはじめて、「げた」が現れる。
以後「我衣」になると「草履下駄」「コマ下駄」「地下駄」「女下駄」「塗下駄」「下駄足駄」と下駄一色の勢いとなる。
さらに「骨菫集」上編では、「…江戸の名物にころばずという下踏あり、その下踏に瓢箪の形を印するも…」とあり、「古事類苑」にしたがえば、元禄時代になって初めて下駄と呼ばれるようになった。


A 下駄は何時、誰が履いたか

一体下駄は何時、どんな時に、誰が履いたのだろう。  
平安時代から中世のことを描いた絵巻物は数多く残されており、そのいくつかを見ると、身分のはっきり判るものでは、裏頭姿の僧兵を含めた僧侶がもっとも目についた。
僧侶の中には、塗下駄と思われるものを履いているものも見られるが、ほとんどは平下駄のようである。
裏頭姿をしているものの中には、女や稚児が含まれているらしい。
市女笠の女や物売り女、洗濯する女など女を描いたものも多い。
琵琶法師、祈祷師、修験者、老人なども割と目につく。
古代から、中世にかけての絵巻をみても庶民と思える人々は、裸足が圧倒的に多い。
下駄を履くのは僧侶(兵)、身分が低いと予想される女に多い。それも、ほとんどが普段着で、いわゆる着物を含めてハレの装いは少ない。
そうすると、下駄の履かれ方にはきまりがあって、最初は庶民層でも日常の履物としなかったということが考えられる。
それが古代から中世のかかる頃、洗濯女や物売り女を含めて、どちらかといえは身分の高くないと思える女や老人が履くようになり、13世紀になるとき貴族と思える人物や田舎の武士までもが履くようになる。
絵巻の中で、下駄を履かない僧も見られる。それは武士と兵士、あるいは貴族と思える人物に多い。
武士や貴族と思えるものが全く下駄を履かないかといえば、そうでもなく「一遍上人絵伝」には、信州佐久郡の武士として下駄を履いて紹介されている。 また、貴族というより厳密には貴族の子息ということになるかも知れないが、「伊勢新名所絵歌合」をみると、女のところへ通う若者が高下駄で描かれている。


B 下駄はどこから来たか。

中国にも下駄はあったらしい。 後藤守一は中国の「釈名」の「屐は両足を支え、泥をわたるもの」に注目し、また「本草網目」に「木屐の下に歯のあるもの」とのことから、これを台の下に歯を持ついわゆる下駄にちかいものと解釈した。
しかし「三歳図會」を見ると、かつて私達がよく履いた「ツッカケ」に歯がつけられ、その上、緒は指先で挟むものではなく、足の甲を差し込むように幅広で、その両脇を繋いでいるというもので、 これは下駄とは言えないし、「倭名類聚鈔」の編者などは中国から「屐」の文字を借用したと考えられた。そのことから後藤は下駄は「…全く自生文化の現れと見るべきである。…」とした。
しかし、中国大陸から米と共に我が国に入ってきたとする考え方もある。5000年ほど前とされ浙江省の寧波市の遺跡から、木製の鋤や鍬と共に木下駄が発見された。
それは長さ24p、幅11pほどのもので、表には5個の孔があけられているが、日本の下駄でいえば前壺は貫通しているが、他は写真では貫通していないようにも見える。 残りの4孔は中間部と後端部にそれぞれ下駄の両縁近くに並んでおり、その裏側には両縁を貫くように溝が刳られている。多分その溝に縄を通したのだろう。縄で足に縛りつけたと紹介されている。


C かつての履き物は下駄が主流だった
敗戦を迎え否応なしにアメリカ文化が入ってくると、私達の衣食住は大きな影響を受けた。
まず、米とうどん、そばを中心として一汁一菜の食事がパンと肉の多食に変わった。
住の襖で仕切られた部屋が、壁で仕切られるようになり、なんといっても洋間が増え、個人の部屋が独立するようになった。
衣の方では、伝統的な着物も、日常着ることもなくなり特別の日のものに変わってしまい、それにともない下駄と草履が靴となった。
着物よりは洋服の方が活動的であるし、下駄よりも靴の方が動きやすく、足の保湿や保護にも便利で瞬く間に下駄や草履は忘れ去られるようになった。
今の状態ではどんなことがあっても、また着物や下駄が昔のように、日常的に利用されることはないだろう。
それは私達、自ら選択したことであるので間違ったことではないと思うが、かつて下駄が履き物の主流であったことも、心のどこかへ焼き付けておいてもよいだろう。