◆トップ  ◆家具◆下駄 ◆楽器◆彫刻 ◆茶の湯◆工芸品◆生活文化 ◆日用品 ◆収納箱 ◆道具 ◆その他



◆ポックリ


下駄という言葉が登場したのは江戸時代からで、奈良時代には「木履(ぼくり)」、平安時代には「足駄(あしだ)」と呼ばれていた。 この「木履」は木の履き物という意味で、ぽっくりはこの言葉が訛ってついた名だと言われている。 関西では「こっぽり」と呼ぶ。
七五三や成人式のときなどに履かれ、舞妓さんにもよく履かれている。


桐 ぽっくり(桐の博物館展示品)