◆トップ  ◆家具◆下駄 ◆楽器◆彫刻 ◆茶の湯◆工芸品◆生活文化 ◆日用品 ◆収納箱 ◆道具 ◆その他




◆くご


古代の楽器で、ハープの一種。 古代アッシリアで、用いられペルシア、西域を経て中国には入り、また蒙古、高句麗、百済を経て、奈良時代の頃、日本に伝えられた。 日本では、滅びてしまった楽器である。
一本の桐の木をくりぬき、23本の絹弦を張る。

−参考資料 くごと桐の関係−



桐 くご(桐の博物館展示品)