会津 桐の博物館 オンラインショップ


◆トップ  ◆家具 ◆下駄 ◆楽器 ◆彫刻 ◆茶の湯 ◆工芸品 ◆生活文化 ◆日用品 ◆収納箱 ◆道具 ◆その他

◆漆胡(しっこ)そん


正倉院の御物で、桐で作られている皮袋形の水樽。
西地域方で用いられた水を運ぶための皮袋をかたどったもので、ラクダや馬の背中に左右ふりわけて用いられた事の名残を伝えている。
 桐材の一木がら注ぎ口部。底板、側板、他の側板の一部を刳り出し、その他の部分は、桐の別材を接着剤と鉄釘で接合して組み立てている。 全体に布着せし、黒漆を塗って仕上げている。内部にも漆が塗られていると思われる。


正倉院に保存されている桐製漆胡(しっこ)そん(桐の博物館内展示写真)